教室に思いを馳せて

元中学校英語教師のブログです。

教科書本文のリーディング指導

リーディングの指導

 

教科書本文の音読はとても大切です。

 

まず文が読めないと聞き取ることもできないし、書くこともできません。

 

私は様々な方法で教科書の本文を音読させていました。

 

以下がその方法です。

 

① サイレントリーディング

 まず音声を聞く前に、サイレントリーディング(黙読)を行い、リーディングポイントを探ります。

 

② リピーティング

 CDで本文の音声を確認したあと、教師やCDの後につけてリピートします。

 

③ Read and look up

 教師の”Read”という指示で本文を一文ずつ見て覚え、”Look up !”の合図で顔を上げて一斉にその文を声に出します。

 

④ ペアリーディング

 生徒同士でペアを組んで、お互いの音読をチェックします。

 

⑤ シャドーイング

  教師のあとにつけてシャドーイングします。1度目はゆっくり、2度目3度目と徐々にスピードを上げていきます。4度目は教科書を見ないでシャドーイングします。

 

〈時間があれば〉

◯ 虫食い読み

 電子黒板に、ところどころ虫食いにした本文を映しだし、抜けている単語を思い出しながら音読します。虫食いは動詞だけが抜けているパターンや前置詞が抜けているパターンなど、作っておきます。

 

◯ リレー読み

 一文ずつリレー形式で読むリレー読みを時々行なっていました。教室を半分に分けてタイムを競わせるなどすると、特に一年生は盛り上がります。

 

 

理想は本文を暗唱できるようになることですが、授業では時間に限りがあるので、やはり家庭学習が必要だと思います。