教室に思いを馳せて

元中学校英語教師のブログです。

Classroom English

Class room Englishは、私は気をぬくと同じ言葉ばかりをついつい使ってしまいます。

 

初任の頃、授業中にやたらとOK,OKという男子生徒がいて、『なんだろう…??』と思っていたら、なんと私のマネをずっとしていたのでした。

 

OK OKと言うのが私の口癖なんだと気が付いたのは,だいぶ経ってからでした。

 

でも、意識をしていないとつい自分が慣れている表現ばかりを使ってしまいます。

 

そこで,いつでも確認ができるように授業で使える英語表現を一覧にして、教科書に挟んでいました。

 

私が一覧にしていたのは次のような表現です。

 

<生徒を褒めるとき>

Well done.

Awesome.

Wonderful.

Superb.

Perfect.

Fantastic.

Close.

Good try.

Good guess.

Much better.

Good idea.

Good point.

You work(ed) very hard.

Keep up the good work.

 

また、生徒にも対話活動の際に使える表現を、プリント用ファイルの表紙裏に貼らせていました。

 

Let me see...

I see.

Sure.

That’s interesting.

Sounds nice.

Really ?

Pardon ?

I’m sorry,but I can’t hear you.

Will you speak more slowly ?

You mean..., right ?

You said...,right ?

 

これらの表現は、スキットを作るときにも使えると思います。