Take a Note : 元中学校英語教師のブログ

元中学校英語教師のブログです。授業のネタやちょっとしたコツ,教室での思い出など忘れたくないことを綴っていきます。

禁止の命令文Don't~の導入:中学1年生

今回は,禁止の命令文Don't~(~してはいけない)の導入です。

 

まず,動詞のフラッシュカード(あれば絵カード)を使って命令文の口語練習をします。Run fast./ Speak English. / Take a picture. / Sit down. / Be careful.など。

 

その中からrun,sit,open,drink,speak,play,takeなど,Don'tとくっつけて「~してはいけない。」という文に使える動詞のカードを黒板に貼り,再度口語練習をします。

 

そこで,こんな話をします。

 

「みなさんは美術館で働いているスタッフだとします。今日はあの有名なピカソの展覧会。美術館内は写真撮影が禁止されています。ところが,それを知らない子どもがピカソの絵の写真を撮ろうとしています。みなさんは何と子どもに言いますか。」

 

生徒から,「すみません。ここで写真を撮ってはいけません。」というような言葉が出たら,「そう。英語ではDon'tを使って"Don't take a picture here."と表現します。」

 

黒板にDon'tと書かれたカードを先ほど貼った動詞カードの左側に貼ります。

 

「では,こんな時に英語でどのように表現したらよいでしょう。」

 

「ペンキ塗りたてのベンチにお年寄りが座ろうとしたら・・・?」

 

生徒「Don't sit down !」

 

「2歳の子どもが小石を食べようとしたら・・・?」

 

生徒「Don't eat it !」

 

「トランプで作っているタワーがもう少しで完成しそう。そこで友だちが窓を開けようとしたら・・・?」

 

生徒「Don't open the window !」

 

「コーラと間違えて、お父さんが麺つゆを飲もうとしていたら・・・?」

 

生徒「Don’t drink it !」

 

「好きな人に告白したいけど恥ずかしいと言う友だちには・・・?」

 

生徒「???」

 

ここで、Beを使った命令文の復習を入れます。

 

Be careful. Be happy. Be a good boy.など、「〜(の状態に)になりなさい」という命令文を確認し、「恥ずかしがってはいけない。」という禁止の命令文は何と言うのか考えさせます。

 

ここまでを口頭で答えさせたら、次はプリントを使ってDon’t の練習をしていきます。そのまま日本語を英訳するよりも、状況を想像させて英文を作らせます。また,一つはDon't be ~.の文も入れておきます。

 

1 廊下を走っている友だちを注意するとき。

  Don't  run  here.

2 やっと蝶を捕まえて虫かごに入れたのに,弟が虫かごを開けようとしているとき。

       Don't  open  it .

3 3歳の妹が道路で遊ぼうとしているとき。

       Don't  play  here.

4 友だちの腕に蚊が止まったから叩いてあげるとき。

       Don't  move.

5 明日の映画の待ち合わせに遅れないように友だちに言うとき。

  Don't  be  late.

 

 

 

 

小学校の外国語活動にも使える!オーストラリア体験セット

オーストラリア大使館のホームページを開くと、オーストラリア体験セットについての項目があります。

 
これは豪日交流基金のプログラムで、オーストラリア体験セットを無料で貸し出してくれています。
 
貸出委託協力機関があるので、近くの機関に利用する1ヶ月前までに連絡をすると、30cm×30cm×90cmのクリケットバッグ(というちょっと大きめの旅行バッグのようなもの)で届きます。
 
中身は、
◯ 学校の制服(男女それぞれ1つずつ)や帽子、教科書、お弁当箱、音楽CD
※ 制服は小学生用のサイズだったと思います。
 
◯ コアラやカモノハシなどのパペット
 
アボリジニの絵が描かれたブーメラン
 
ユーカリオイル
 
◯ オーストラリアの硬貨と紙幣
 
◯ オーストラリアの旗と地図
 
クリケットセット
 
など、30品目以上が入っています。
 
私は3回ほど借りて授業やイングリッシュ・ウィークで使用したことがあります。
New Horizon ではオーストラリアの内容が本文に含まれていたので、その単元に合わせてオーストラリアセットが届くように予約していました。
 
実際にオーストラリアで使われている制服や教科書、プラスチック素材の紙幣などに生徒は興味津々です。
 
また、イングリッシュ・ウィークでは廊下の設営にオーストラリアの旗や地図、絵本やパペットを置いて手に取ることができるようにしました。
 
クリケットのセットも一式入っているので(プラスチック製なので、そんなに重くはないです)、イギリス出身のALTに授業で説明してもらいました。
 
小規模校では体育館でALTにルールを教えてもらいながら、生徒たちにクリケットを体験してもらいましたが、やっていくうちに何となくルールが分かったようです。
 
野球のルールもイマイチ理解していない私は???でしたが。
 
小学校の外国語の授業でも、このオーストラリア体験セットは使えます。
 
中学生には残念ながらサイズが合わなかった学校の制服も、小学校の高学年までなら合うと思います。
 
学校の制服を着てみたり、コアラが食べるユーカリからとれるオイルの匂いを嗅いでみたりと(ハッカのようなスーッとする匂いでした)、子どもたちがオーストラリアに興味を持つこと間違いなしです!
 
豪日交流プログラムには他にも、オーストラリアのことが学べるデジタル教材もあるようなので、授業に活用してみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

教師の恋愛について

私は主人と学生時代から付き合って結婚しました。

 

教師になってからは、デート現場を生徒にも保護者にも他の先生にも見られないように、ものすごーく気を遣っていました。

 

主人は教師ではないので、そんな私を不思議がっていましたが、私は誰かに交際を知られるのが嫌だったのです。

 

もし、生徒にデート現場を目撃されたら授業中に何を言われるか分かりません。

 

それを一番に恐れていました。

 

だから、一緒に車に乗るときも助手席には乗らず後部座席に外から見えないように座っていました。

 

教師同士で交際していた先輩先生は、一緒に車に乗るときは毛布をかぶって助手席に座っていたそうです。

 

そう、教師は出会いが少ないので教師同士で交際するということは少なくありません。

 

ただ、皆さんすっごく周りに気を遣って交際しているので、ほとんどバレません。

 

職員朝会で、校長先生が「本日はおめでたい話があります。A先生とB先生がご結婚なさいました!」みたいな報告をして、みんなが驚くというパターンがほとんどです。

 

私の仲良しの先生も、元同僚の先生と付き合っていることを誰にも打ち明けずに交際を続け、ゴールインしました。

 

職員朝会で結婚の話を聞いた時は、椅子から転げ落ちそうになるくらい驚きました。

 

土日は部活でほとんど休みはないし、放課後もしょっちゅう私たちと一緒にご飯を食べに行っていたのに、いつの間に⁈

 

彼氏がいたなんて、全く気がつきませんでした。

 

それくらい皆さんプライベートなことに関しては徹底してます。

 

結婚後も街中を手をつないで歩くなんて、とんでもない。

 

遠く離れた地だったらいいかな、と思って手をつないで歩いていると、そういうときに限って生徒や保護者に見られます。

 

だから、人目を気にせずに夫婦で街を歩いたのは、新婚旅行で行ったハワイくらいでした。

 

教師って、そういうところ本当に面倒くさいです。

 

もちろん割り切っている方もいらっしゃいますが、私はそこまでハートが強くないので…。

 

 

 

有村架純ちゃん主演のドラマ「中学聖日記」がもうすぐ始まりますね。

 

架純ちゃん演じる新任の女性教師と中学生の男子生徒の恋愛ドラマ…なのかな?

 

いつもは子どもとNHKしか見ない私ですが、どんな内容か少し気になりますね。

 

私が高校生のとき、本気で先生に恋していた友だちがいました。

 

友だちは社会科の新任教師にアタックしまくっていましたが、当然かわされまくってました。

 

社会の勉強をものすごく頑張って成績を上げたり(後に彼女は社会科の教師となりました)、職員室で先生から分からないところを教えてもらったりと、彼女は恋をとても楽しんでいたと思います。

 

女子校ならそういう話はあるあるではないでしょうか。

 

世間ではイマイチうーん⁇な男性教師でも、女子校に勤務するとたちまちモテモテになるという話も聞きます。

 

 

今回のドラマはどんな展開になるのでしょうか。

 

ちなみに、私は男子生徒にときめいたことはありません。

 

この子イケメンだなぁ とか、ジャニーズに入れそうだなぁと思うことはありましたが。


で、も!


そういえば思い出しました。


むかーし、女性の先輩先生が、


「私の友だちでね、自分の生徒と結婚した人がいるのよ。


その友だち、生徒を『自分の好みの男性に育て上げた。』って言ってたの。


すごいわよねーっ!」


と教えてくれたのです。


ということは、現実でも中学校教師と男子生徒の恋愛ってある⁈


 

ドラマ、録画して見てみようかな。

 

 

机上整理はできて当たり前

私が机上整理できるようになったのは、教師になって6、7年目くらいからでしょうか。

 

思い返せば最初の数年間の私の机、本当に汚かった!

 

棚や本立てで机の3分の1のスペースは埋まり、授業で使う教科書類や生徒のノートを置くと仕事ができる余白はわずかしかありませんでした。

 

「今日は夕方まで体力がもたないかも。」という時のためのリ〇ビ〇ンDも2,3本並べていました。

 

それでどこで仕事をしていたかというと、職員室の中央にある大きなテーブル。

 

わざわざそこへ自分の荷物を持って移動して仕事をするという、本当にダメダメなやり方でした。

 

「机上整理はできて当たり前。」とよく先輩の先生からは言われていましたが、物が多すぎてどこをどう改善すれば良いのか分かりません。

 

書類を整理するための棚を増やしても,ますますスペースはなくなるばかり…。

 

引き出しの上段には文房具類がひしめき合い,下段にはファイルがぎっしり,中段には何が入っているのかもはや分からないという状態。

 

つまり,机の中身は私のいっぱいいっぱいの頭の中身と同じでした。

 

どれもこれも私にとっては大切なもの。

 

だけどその大切なものに埋め尽くされて,結局は使う人がはみ出てしまうという…。

 

 

仕事のやり方が少しずつ分かってくるうちに,自然と私の机も整理されていきました。

 

物が少ないと仕事もはかどるし,気分もいい。

 

あと,年度末の「職員室のお引越し」がラク。時間が空いた分,他の仕事ができます。

 

 

 

そして,ちょこっとだけ声を大にして言いたかったのですが・・・

 

パソコンとプリンターを2段に置ける棚を机の上に置いている先生、こちらからあなたのお顔が全く見えませんよーーー!

 

 

もしかして、わざと壁を作ってる⁈とちょっと思ってしまいます。

 

パソコンもプリンターももちろん必要なのは分かります。

 

でも、いるのかいないのか分からなかったり話しかけにくかったり、会議中が特に困りました。

 

相手の顔を見て話すって大事だと思うので…。

 

 

私が尊敬する女性の先生の机、なーんにも置いてありませんでした。

 

机の上に敷く緑色のマット(上に透明なシートがあって、中にプリントとか挟めるやつ)だけ。

 

マットにプリントをごちゃごちゃ挟むということはなく、本当に必要なプリントが一、二枚挟んである程度で見た目がとてもきれい。

 

で、その先生は帰るときにサッと雑巾で拭いて、なーんにもない状態にして帰ってらっしゃいました。

 

うーん,かっこいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ALT来校に合わせて、イングリッシュ・ウィークを設けてみる

小規模校に赴任していたとき、ALTの先生は学期に1回ずつしか来校してくれませんでした。

 

その地区では予算があまりとれないのか、1人のALTでいくつも小学校と中学校を担当していたのです。

 

年にたったの3回しかALTの来校がない…。

 

小規模校なので、英語科は私1人でした。

 

できれば生徒にはたくさんネイティブの発音を聞いたり,英語で話したりしてほしい。

 

でもそれが難しいとなると,このたった3回の交流を最大限に生かすしかありません。

 

そこで、ALTの先生が来校する1週間前を「イングリッシュ・ウィーク」とし、より多くの英語を生徒が接するようにしました。

 

〈イングリッシュ・ウィークの取組〉

※ 他の先生方の協力が必要なので、事前に職員会議で提案しておきました。

 

◯  ’Good morning!’’See you!’など、廊下での挨拶を英語にする。←これは、他の先生方にも協力をいただいて、全校で取り組みました。

 

◯ 職員室の入室時には’May I come in?’と生徒は尋ね、先生は’Yes,please.’などと答える。←これも協力してもらいました。

 

◯ 生徒は英語で日記を書く。←1年生もローマ字で、2、3年生も分からない単語はローマ字で良しとしました。

 

◯ 廊下に英語の絵本を展示する。

 

◯ 階段に一段ずつSunday, Monday...やJanuary, February...など、曜日や月の名前、数字などが英語で書かれた紙を貼る。←生徒は階段を上るときに、Sunday,Mondayと言いながら上ります。

 

◯ 給食の時間に英語の歌を流す。

 

 

 

とにかく普段よりも英語に接する機会を増やし、ALTがいよいよ来校!というときの準備をしておきます。

 

イングリッシュ・ウィークの1週間は英語で挨拶をしたり職員室の入退室を英語で行なっているので、ALTに会った時もスムーズに英語が出るようになります。

 

他の先生方も「自分は英語が苦手だったからな〜。」と言いながらも快く承諾してくださいました。

 

何より、先生方自身も普段より英語に接しているので、ALTの先生とも積極的に話されていたと思います。

 

小規模校だったから実施ができたかもしれませんが、このイングリッシュ・ウィークの次の日もついつい英語で挨拶する生徒がいるくらい効果はありました。

 

英語が苦手な生徒は「やっとイングリッシュ・ウィークが終わったー!」と言っていましたが(汗)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教壇の上では教師は役者

『教壇の上では教師は役者であれ。』

 

これは私が初任者の時に、先輩の先生が教えてくださった言葉です。

 

教師には少なからず演技力が必要だと思います。

 

また、前日に嫌なことがあって不機嫌であっても教壇の上では明るく。

 

ブスっとした顔の先生の授業を受けるのは、生徒だって嫌だし英語が楽しいとは思えないはずです。

 

こちらが授業を楽しめば、生徒も少しは英語が楽しいと感じてくれるのではないでしょうか。

 

話す時の声の大きさを変えたり間をとったりするのも演技と言えます。

 

また、本来の自分とは少しだけ違う自分を演じるのも大切なのかもしれません。

 

 

今日は英検の勉強したくないなぁ…という時に読むマンガ『奥様はニューヨーカー』

英検準一級の勉強をしていた頃は、単語を覚えたり過去問を解いたり、オンライン英会話をしたり英文日記を書いたり…と、帰ってから何かしらの英検対策を行っていました。

 

でもやっぱり、学校から疲れて帰った時は何もしないで一刻も早く寝たい…。

 

そんな時は、『奥様はニューヨーカー』というマンガを読むだけで良し、としていました。

 

この『奥様はニューヨーカー』は、ニューヨークに引っ越すことになった日本人の奥様を主人公にしています。

 

見開き2ページで1つのエピソードが英語と日本語の両方で書かれていて、様々な口語表現や文化の違いを知ることができます。

 

だいぶ前に出版されたものの改訂版なのかな?

 

時代を感じるなぁという部分がチラホラあります。

 

英語の下に日本語訳が書いてあるので、ついつい日本語の方を読んでしまいがちですが…。

 

でも、いいんです!

 

疲れて何もしないでそのまま寝るよりも、マンガで英語に触れた方が数倍マシです!

 

実際に、マンガに出てきた表現が英検の問題に出たし!(一問だけだけど…。)

 

この『奥様はニューヨーカー』は、先輩の先生から教えてもらったのですが、すぐに私も全シリーズを揃えました。

 

おっちょこちょいの主人公が持ち前の明るさとユーモアで、周りを巻き込みながらも海外生活を楽しむ姿が、読んでいてとても楽しいです。

 

英検対策でなくても、時々思い出した時に読んでクスッと笑っています。